ライフサービスグループ 採用情報サイト

  1. TOP
  2. 私たちの仕事
  3. 先輩1(施行担当 鈴木 周太)
先輩1 こすもす榛南 鈴木さん

わたしの仕事

『こすもす榛南』で、施行担当をしています。「施行担当」とは、亡くなられた方のご家族の方と、お通夜や葬儀の打合せをし、お寺の和尚様などとやり取りを行い、式の準備や当日の運営・進行をする仕事です。

『ラビュー』と違い、『こすもす榛南』をご利用になるお客様は自宅でお通夜、式は会館という形式が多いです。 そのため、お通夜の際はお客様宅に伺い、玄関を飾ったり、祭壇等の準備を行います。用意するものはお客様によって異なり、時には椅子や靴箱をお持ちすることがあります。

大切な人を失って、他人に「ありがとう」というのは難しいと思いますが、ご葬儀を運営した先輩社員にお客様が感謝のお言葉をおっしゃったのを見て、自分のことのように嬉しく思いました。私もそんな施行担当者になりたいです。

鈴木さん

当社を選んだ理由

就職活動を始めた時は、とても不安でした。その不安の中で、大事にしようと思ったことは「自分の気持ちに正直になること」です。「どんな想いで仕事をしていきたいのか」を考えた時に、地域の皆さんに恩返しをしたいと思いました。私は高校の時、サッカーをしており、多くの方に応援していただきました。ですから地元の企業に就職し、感謝の気持ちを伝え、恩返ししたいと強く思いました。そんな時、合同会社説明会で、社長の「楽しく仕事をしよう!」との考えにに大変魅力を感じ、また偶然、社長が私と同じ大学のOBだったので、OB訪問をし、他の会社にはないあたたかさや思いに触れることができたのが大きかったですね。そして自分の地元の方々への感謝の気持ちを形にできる仕事・会社ではないかと思い、入社を決めました。

鈴木さん

わたしが大切にしている事

お客様にとって身近な方の葬儀はほぼ一生に1回しかないこと。
そして、私たちがお客様と関わる時間は1~2日ほどと非常に限られています。
この短い時間の中で、お客様がどのようにされたいか、故人様の想いをどう表現するかを引き出す様、努力しています。故人様の趣味にまつわるものを飾って差し上げたりした時、「ありがとう」と喜んでいただけると、やって良かったと思います。

施行担当者になり、一人で担当するということは、それだけ責任があることですので、ミスがないように気をつけています。でも、自分が緊張していると、お客様に気を遣わせてしまうので、できるだけ緊張を見せないようにしています。

細やかな気遣いも心がけています。例えば、お通夜の玄関飾り。夜なので電気を使うのですが、その際、コードをきれいに整え、壁にしっかりと固定するようにしています。また、式の最中の雑音に気をつけたり、お客様にひざ掛けをお持ちしたり、重い引き出物を車までお運びしたり…小さなことにも気を配ることが大切だと思います。また、お電話の際は、表情がわからないため、声の強弱やトーンを変えることで、お客様にご安心いただけるように丁寧で優しい言葉遣いを意識しています。

●趣味・休日の過ごし方

フットサル。高校のサッカー部の仲間と飲みに行ったりします。

このページのトップへ